TOP > NEWS > 坪内 浩氏 インタビュー

NEWS

坪内 浩氏 インタビュー

この春、日本を代表するシューズデザイナー 坪内浩 氏と三陽山長とのコラボレーションシューズ「和一郎」を発売します。カラーはブラックと東京ミッドタウン日比谷店限定のトリコロールの2色展開。

そこで、坪内氏に経歴や靴に対する思い、「和一郎」について等のお話しを伺いました。

――この度はコラボレーションシューズ「和一郎」をデザインしていただきありがとうございました。坪内さんらしい遊び心と三陽山長の真面目な靴作りがちょうどいいバランスで融合できたと思います。まずは靴の話の前に坪内さん自身についてお聞きしたいのですが、経歴から簡単に教えていただけますか?

坪内)はい、経歴ですね。浅草にある靴学校 エスペランサ靴学院を卒業し、靴や鞄の企画会社に勤めました。そこで各メーカーの企画に携わり知見を深めていった後に、海外のインポートブランドを主に扱う会社の設立に参画しました。しかし、だんだんと海外の靴が面白くなくなっていったんですね。そこで2008年に自分自身のブランド「HIROSHI TSUBOUCHI」 を立ち上げ、今に至るという感じです。

IMG_4982.JPG

――さすが、歴史ありです。ところでここ十数年で靴業界を目指す若者が増えましたが、坪内さんが靴業界を目指したきっかけとはなんだったのでしょうか?

坪内)まず、自分が履きたい靴がなかったのが一番かもしれません。もともとグラフィックデザイナーを目指していたので、だったら自分でデザインすればいいだろうと。そこで先ほどのエスペランサ靴学院に入学しました。本当は二期生で入りたかったんですけど不真面目だったので落っこっちゃって三期生で入りました(笑)

――坪内さんらしいですね。さて、坪内さんがデザインする靴とてもファッション性が高く、そこがクローズアップされることも多いですが、デザインする際のこだわりなどはあるのでしょうか?

坪内)実は一番こだわるのは木型です。履くものである以上、足に合わなければ意味ないですから。そして機能性。どうしてもメーカーは効率化を考えてしまいます。それはそれで正しいのですが僕は例え生産効率が悪くても足に良いものを作りたい。メーカーと衝突することもありますがお互いプロですから必ず解決策が見つかります。

――なるほど、確かに「和一郎」もメーカー泣かせの仕様でした(笑) 木型と言うワードが出たのでお聞きしたいのですが、「和一郎」でも使用している三陽山長の定番ラストR2010についてご意見を聞かせてください。

坪内)非常によくできた木型です。まず踵が小さい、そして土踏まずの絞り込み、低く抑えた二の甲と日本人の特徴に合わせた設計になっています。日本人と欧米人とは足型が異なりますからこれは非常に重要です。トゥの形状もバランスの良いラウンドで流行に左右されない。長く履いて欲しいという三陽山長さんの思いが伝わってきますね。多くのお客様に支持されているのが分かります。

IMG_5180.JPG

――お褒めの言葉ありがとうございます。三陽山長でもやはり木型を重要視していますので嬉しい限りです。では三陽山長自体にはどのような印象をお持ちでしたか?

坪内)初めて耳にしたときはブランド名とモデル名に江戸っぽさを感じました。メイドインジャパンの靴に和名を用いるところにセンスが良いなと思いました。そして随所に日本の職人技が効いていて作りも良い。正直なところ少し悔しく思ったのを覚えています(笑)

――そんな三陽山長とコラボレーションを行なうことになったいきさつを教えてください。

坪内)靴業界の仲間内での飲み会があるんですね。若手からベテラン、職人からデザイナーまで。僕も毎回参加してるんですけど、そこに三陽山長の方も来ていていろいろ話しているうちにいつの間にか決まってました(笑)

でもある意味では僕が作る靴とは対極に位置する三陽山長さんと一緒に仕事をするというのはともて面白いのではないかと思いました。果たしてどんなことができるだろうとワクワクしましたね。

IMG_5192.JPG

――そうして生まれたコラボレーションシューズ「和一郎」、是非坪内さんからご紹介をお願いします。

坪内)三陽山長さんからの要望はラストR2010を使う、ということのみでした。それ以外は自由にやってくれと。じゃあ自分らしく遊ぼう、楽しもうということでハートをいたるところに配しモチーフとしました。それこそロゴまでハートにして。そしてアウトサイドとインサイドでデザインが変わるアシンメトリーなフルブローグ。これアウトサイドから見ると通常のフルブローグなのですが、インサイドから見るとアデレイドになっているんです。

僕が言うのもなんですが、クラシックなフルブローグをベースに違和感なくまとまったと思います。ぜひ皆さんに楽しんで履いて欲しいです。

IMG_5458.JPG

――確かに初めて見たときに驚きと楽しさを感じました。履いてみんなに見せびらかしたい、ウキウキするような靴だと。それはきっと坪内さん自身が楽しんでデザインしたからなんですね。それでは最後におススメのコーディネートを教えて下さい。

坪内)それこそブラックはグレーやネイビーのスーツでビジネスシーンで履いて欲しいです。穴飾りのハートが気になるかもしれませんが、人から靴を見られる目線は1メートル以上離れています。まず気付かれませんので安心してください。タイとチーフに少し遊びを入れてもいいですね。上級者は靴紐の色を変えるのもありです。

トリコロールはやはり白や明るいブルーが合わせやすいでしょう。僕は今日シアサッカーのスーツに合わせています。このシルバーボタン、ニコちゃんマークになってるんです。ハートの靴にニコちゃんマークでラブ&ピースなコーディネートになっています(笑)

こんな遊び心あふれる着こなし、履きこなしをしてほしいですね。

IMG_5034.JPG

IMG_5167.JPG

――本日はいろいろお話しをお聞かせいただきどうもありがとうございました。

さて、コラボレーションシューズ「和一郎」は3月29日の発売に先駆け、取扱店舗にて先行予約を受け付けています。

ブラックについてはこちら、トリコロールについてはこちらをご覧ください。皆様のご予約をお待ちしています。

ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。