TOP > NEWS > 【SANYO Style MAGAZINE】なぜ「三陽山長」の靴は日本人の足に合うのか?

NEWS

【SANYO Style MAGAZINE】なぜ「三陽山長」の靴は日本人の足に合うのか?

Bar11216_01.jpg

2001年に前身の山長印靴本舗の商標を三陽商会が取得し、スタートした三陽山長。山の長、すなわちトップクオリティを意味するブランド名を掲げる通り、その作りには日本の靴作りプライドが凝縮されています。

まず人ありき、なぜなら人が履くものだから

こと紳士靴においては、とりわけ英国を最上とする向きがあります。しかし、靴は実際に履いてこそ真価がわかるもの。ならば、日本人の足型を最も知る日本の靴ブランドが作る一足を履かずして、盲目的に評価するのは間違いではないでしょうか。つまり、三陽山長を履かずして紳士靴を語るなかれと言うことです。


国産靴の復権を目指して創業した前身の意思を受け継ぐ同ブランドには、国内で紳士靴作り一筋半世紀という職人がほとんど。一足一職人、そしてこの20年間ファクトリーを変えることなく靴作りを続けてきたことで、その技術はさらに高まり、また確実に継承されています。木型も、数万人の日本人の足型データを数値化しつつ、最終的な仕上げは職人の感覚を取り入れています。


実は三陽山長の靴には、どの職人が作った靴なのかを判別出来る印が見えない場所に刻まれています。万が一壊れた場合や修理する際に手掛けた職人を特定出来るようにすることで、以後の改善や技術の向上に生かせるからです。


徹頭徹尾、そして地道にユーザーの足に寄り添った靴作りを行う三陽山長。友二郎と友之介というブランドを代表するマスターモデル、そして両モデルで共に展開される最高位バージョンとなる「匠」ラインなどで用いられる技の数々と共に、その魅力にさらに迫ってみましょう。


◆ 三陽山長の原点にして進化の象徴〈友二郎〉

02_IGF①.jpg

ラインナップ中、最もスタンダードに位置付けられるマスターピースストレートチップ。製法はグッドイヤーウェルテッド製法で、木型は三陽山長を代表するマスターラストR2010を採用。スワンネックと呼ばれるピッチの細かいステッチワークが、上質な一足であることを誇示します。レザーソール、ラバーソール、Fウィズ、防水、と豊富なバリエーションを展開。


◆ 原点を継承し、ひと味違う魅力を〈友之介〉

03_IGF①.jpg

同じく紳士靴の基本であるストレートチップ。製法もグッドイヤーウェルテッド製法ですが、こちらに使用されているラストはR309。友二郎との違いはスクエアトゥを採用している点。やや色気を増した雰囲気が好きな人にオススメです。



三陽山長を語る上で欠かせない要素、日本人の足に最適なマスターラスト(木型)の存在や、熟練職人による技。9月10日(木)に公開されたSANYO Style MAGAZINE「ブランドピックアップ」にて詳しくご紹介されています。

なぜ「三陽山長」の靴は日本人の足に合うのか?

その秘密はこちらからご覧くださいませ。
▶SANYO Style MAGAZINE◀

ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。