TOP > NEWS > 【日本謹製 特別誂靴】"プレステージライン" 3/10(水)一斉発売

NEWS

【日本謹製 特別誂靴】"プレステージライン" 3/10(水)一斉発売

PRESTIGE_LINE(グリッド3投稿元データ).jpg

創業20年の集大成「プレステージライン」


2001年に産声を上げた三陽山長は、"ニッポン靴の最高峰"という信条を
変わらず抱き続けながら20周年を迎えました。
その節目に、さらなる高みを見据えた靴作りに挑戦したい。
そんな想いから生まれたのが、この「プレステージライン」です。
創業20年目の集大成として送り出す"最高の最高"。
三陽山長の全てを注いだ至極の「謹製」シリーズ。

2021年3月10日(水)、下記店舗にて一斉発売となります。

■伊勢丹新宿店
■日本橋髙島屋S.C.店
■東京ミッドタウン日比谷店
■玉川髙島屋S・C店
■ミッドランドスクエア店
公式オンラインストア(SANYO iStore)



「プレステージライン」プロジェクトは、あるタンナーとの出会いから始まりました。フランス・アルザス地方で1842年より営む「HAAS」。今なお家族経営を守る、知る人ぞ知るタンナーです。超有名タンナーと同等以上のクオリティに反して知名度がさほど高くないのは、大量生産を拒む頑固一徹な経営方針ゆえ。当然、新規取引には厳しい態度を取っていますが、交渉を重ねて買い付けに成功。実際に靴を作ってみると、想像以上の上質さに驚かされました。非常にきめ細かいボックスカーフで、ハリがあるのにしなやかさも備えた、まさに極上のレザーです。ここまで素晴らしいアッパーなら、ほかの素材もとことんこだわりたい。そこで、外からは見えないライニングにもHAAS製レザーを採用し、しっとりと吸い付くような肌触りを叶えました。さらにソールには、ドイツの名門タンナーである「MARTIN」製のオークバーグを選択。耐久性に優れ、コバの仕上げも綺麗に表現できる理想的な底材です。
 考えうる限り、最高の素材が揃いました。それをどう形にするか? 三陽山長の結論は、"ビスポークに限りなく近い一足に仕立てる"ことでした。


革から仕上げまで
ビスポークに迫るクオリティ

MAKING LP IG_1080×1080_⑯.jpg

コバ部分を三角形に削り出した矢筈仕上げ。日本伝統の仕立てと言われ、三陽山長でもパターンメイドや一部上級シリーズで採用してきました。通常の平コバよりエッジが立ち、端正な印象に見えるのが特徴です。


MAKING LP IG_1080×1080_⑰(カルーセル1).jpg

通常はカカト部分にシーム(継ぎ目)が入りますが、「プレステージライン」では一枚仕立てに。極上素材をより際立たせるための仕様です。さらに、ヒールは底に向かってテーパードしたピッチドヒールでよりエレガンスを強調。


MAKING LP IG_1080×1080_⑰(カルーセル2).jpg

もともと非常に精密なステッチワークを行う三陽山長ですが、「プレステージライン」ではよりステッチのピッチを精密にしています。これにより、いっそう繊細で引き締まった顔つきを演出しています。


MAKING LP IG_1080×1080_⑱.jpg

インソックの刻印も「プレステージライン」専用のものを起こしました。そこには「日本謹製 特別誂靴」の文字が。誂え靴=ビスポークシューズに比肩するクオリティを自負するロゴです。



「プレステージライン」は3モデル展開


MAKING LP IG_1080×1080_⑳.jpg

ブランドを代表するストレートチップを、最高峰のクオリティで表現した「謹製 友二郎」。日本人の足形に合わせた「R2010」ラストやサイドのスワンネックステッチ、小ぶりなトウキャップなど、ベースは定番作と同じながら、極上素材とビスポーク仕立てによって一格上のオーラをまとっています。土踏まず部分をグッと絞り込んだセミべヴェルドウエスト仕様により、いっそうグラマラスな曲線美を演出している点もポイントです。


MAKING LP IG_1080×1080_⑲.jpg

アッパーのクオリティを最もダイレクトに活かせるのが、継ぎ目のないホールカットシューズ「謹製 勇一郎」。キズや血筋を避けて大きくパーツをとる必要があるため、裁断が非常に難しいデザインです。加えてこちらは、唯一の継ぎ目をスキンステッチで仕上げるという、贅を尽くした一足。靴好きの方が見ればフツウじゃないことはすぐにわかる、玄人にも刺さるモデルです。

※「謹製 勇一郎」のみ、発売日が3月12日(金)となります。大変申し訳ございませんが、ご理解頂けますと幸いです。


MAKING LP IG_1080×1080_㉑.jpg

スーツからデニムまで好相性なダブルモンクシューズ。こちらはよく見ると、トウの一文字をステッチではなくつまみ縫いで表現しているのに注目。技巧を凝らしているだけでなく、トウが一枚仕立てのため非常に贅沢な仕立てといえます。ちなみに「プレステージライン」はすべて、通常のグッドイヤーウェルト製法ではなくリブテープを用いない三陽山長独自の「フレキシブルグッドイヤーウェルト製法」を採用。足馴染みも格別です。


三陽山長創業20周年の節目に送る"最高の最高"。「日本謹製 特別誂靴」の冠に恥じない、自信と誇りを持って皆さまにお届けさせていただきます。日本製だからこそ実現出来る「技」「粋」「匠」、その最高峰を是非ご堪能下さい。

ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。