TOP > NEWS > 【SANYO Style MAGAZINE】たまにはスニーカーを脱いで、 最高峰のドレス靴を楽しむべし!

NEWS

【SANYO Style MAGAZINE】たまにはスニーカーを脱いで、 最高峰のドレス靴を楽しむべし!

スーツ離れと言われて久しい今日この頃ですが、オーダースーツやビスポークシューズなど、昨今お高いアイテムが売れているんですって。良いモノは良い。時代の変換期だからこそ、ホンモノの輝きは増すってことです。

Bar52404_Twitter.jpg


ホンモノ志向な人が辿り着く、メイドインジャパンの最高峰


テレワークの普及によって激変したビジネススタイル。出勤が絶対ではなくなった今、特に紳士靴市場は苦境を迎えているかと思いきや、むしろ好調という声が聞こえてくるブランドがあります。それが「三陽山長」です。


今年で20周年を迎えた同ブランド。日本の靴作り技術を結集させ、さらにビスポーク並みの仕上がりを披露する「プレステージライン」が、今高い評価を集めています。シームレスヒール、細かいピッチの縫製、矢筈仕上げ、そして革マニアが思わず頬ずりするフランスの老舗タンナー「HAAS」製のレザーなど、この20年間のこだわりと培ってきた技術が結実した一足になっています。


三陽山長のプレステージラインは、カジュアル化した今こそ装いの美学を楽しみたい人や、インポートを何足も履いてきたけど結局日本製の魅力に回帰したといった、目の肥えた粋な人たちから選ばれている模様。ホンモノを前にして、時代もトレンドも、コロナ禍さえも関係ないってことですね。



続きは
こちらからご覧ください。
▶SANYO Style MAGAZINE◀

ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。