TOP > NEWS > 【誠十郎】三陽山長 秋の風物詩

NEWS

【誠十郎】三陽山長 秋の風物詩

風物詩、その季節を意識的に特徴付ける、人々の心に訴えかける事柄。

定番であり王道のサイドゴアブーツ〈誠十郎〉は、夏の終わりが近づき、次の季節である秋の訪れを意識させる、三陽山長「秋の風物詩」です。春の桜、夏の花火、秋の紅葉、冬の雪景色と並び、我々も新シーズンの訪れを感じることが出来る一足です。

8月.5_誠十郎_1080×1350.jpg

誕生以降よりマイナーチェンジを重ね、今回が"四代目"となる〈誠十郎〉は、従来モデルよりも履き口に向かいゴア部分を末広がりにすることで、より着脱し易く改良されました。勿論、手掛けるのは三陽山長の名作を製造し続けているセントラル靴。


■〈誠十郎/SEIJURO〉サイドゴアブーツ

8月.4_誠十郎_1080×1350.jpg

8月.6_誠十郎_1080×1350.jpg

◼︎デザイン
定番であり王道、シンプルさが魅力のサイドゴアブーツ〈誠十郎〉は、ビジネスから上品なカジュアルスタイルまで幅広く足元を彩ります。履き口に向かって広くなるサイドゴアの伸縮により着脱がしやすく、適度なホールド感もあり実用的な一足です。

◼︎ラスト(木型)
木型は小振りなヒールカップ、絞り込んだ土踏まず、低く抑えた二の甲によるしっかりとしたホールド感が特長のラウンドトゥR2010を採用しています。

◼︎素材
ブラックには、履きこめば履きこむほどにエイジングをし、磨けば磨くほどに光沢を発するきめ細やかなジャーマンレザーを採用し、ダークブラウンスエードには柔らかさとしなやかさ、適度なコシを併せ持つ、肌理が細かく毛足の美しいブリティッシュスエードを採用しています。

ソールはグリップ性、耐摩耗性に優れたメイドインジャパンのオリジナルラバーソールを搭載しました。



ブラックは足元を引き締め、そして引き立てる。
ダークブラウンスエードは優しい印象でオンオフ共に足元を彩る。

新たな季節は、四代目〈誠十郎〉と共に。




▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。