TOP > NEWS > 【SANYO Style MAGAZINE】「三陽山長」と考える大人のオンオフ兼用靴の最適解 #1〈前編〉

NEWS

【SANYO Style MAGAZINE】「三陽山長」と考える大人のオンオフ兼用靴の最適解 #1〈前編〉

0911sanyotop-thumb-1400xauto-25753.jpg

常識や性格に嗜好性。靴はひととなりを映す鏡のようなもの。TPOやマナーを無視できないからこそ、靴選びには大人の品格が問われます。では、靴と洋服の最適解はどう導くべきか?「三陽山長」のショップスタッフ、言うなれば靴のプロたちのコーディネートから、お洒落の方程式を読み解いていきます。


CASE1 葉山瑞暉(27歳)

ON BUSINESS
DSC03745.jpg

ーー「三陽山長」とはどんな靴?


普遍的な美しさと堅牢さを兼ね備えた靴です。一般的にグッドイヤーウェルト製法の靴は、それだけで堅牢であると感じる方は多いと思います。「三陽山長」は製法に加え、同価格帯のインポートブランドでは行なっていないアフターメンテナンス(純正修理)がとにかく充実しています。同じグッドイヤーウェルト製法の靴だとしても、履くほどにその違いは鮮明になりますし、「三陽山長」の革靴は、長く履きたい方にとって信用に足る一足だと感じています。

DSC03786.jpg

DSC03781.jpg

ーー「ON BUSINESS」のコーディネートのポイントは?


こういった取材の時は洋服屋さんのスナップをお手本にしますが、お洒落な人が多くて真似する前に挫けてしまうことも(笑)。なので「これなら真似できそう」とお客様に感じていただけるように、敷居の高すぎない着こなしを意識しています。今日の着こなしのポイントは、華やかなオルタネイトストライプとワイドなピークドラペルでダブルブレストの力強さを後押ししながら、ヴィンテージ調のジャカードタイと革靴の色をリンクしたこと。足元の凛とした表情をより一層際立たせました。


ーー仕事で心掛けていることは?


お客様の足に合う靴のご案内を徹底しています。特に伊勢丹新宿店は、錚々たるブランドが並ぶ平場の中にお店を構えています。「三陽山長」を目当てにご来店いただくお客様はもちろんいらっしゃいますが、「足に合う靴が欲しい」「履き比べたうえで自分に合った靴を見つけたい」という方が圧倒的に多い。だからこそ「三陽山長」を強く押すのではなく、まずはお客様に納得いただくために、ひとりひとりに合った靴を提案したいと考えています。

DSC03832.jpg

ーー所有している「三陽山長」のモデルと愛用歴は?


弦六郎/愛用歴3年
源三郎(パターンオーダー)/愛用歴2年半
勘四郎(パターンオーダー)/愛用歴1年半
鷲六郎(パターンオーダー)/愛用歴1年
勘三郎(パターンオーダー)/愛用歴1年


ーー自分の足の特徴は? どのラストが合う?


"現代人の足に合わせて作る革靴"という「三陽山長」のモノ作りの理念と馬の合う、典型的な足だと思っています。"甲がとにかく薄い"、"踵が小振り"、"扁平足"という三拍子揃った足です。足の指が長いこともあり、ボールポイントからトゥに向けて鋭角に入る「R309」というラストは当たる感覚がありますから、足先がやんわり入る「R2010」の方が私の足には合います。



▽着用したモデルはこちら▽
DSC03311.jpg

「容之介/YONOSUKE」サイドエラスティック

両サイドにゴムを配して脱ぎ履きをラクにした、サイドエラスティックスタイルのスリッポン。ラストは、小振りなヒールカップと低く抑えた二の甲で、しっかりとしたホールド感を味わえるスクエアトゥ「R309」。穴飾りなどの装飾ではなく、職人が手作業で施したアンティーク調のムラ感ある色彩が一枚革のシンプルな甲部にエレガントな表情を引き出しています




▷▷DAY OFFのコーディネートはこちら◁◁





葉山プロフィール.jpg

葉山瑞暉/Mizuki Hayama

2018年に入社。革靴好きが高じて、車の筐体設計を行なう技術者から転身。銀座ベルビア館の旧旗艦店、日本橋髙島屋S.C.店を経て、現在は伊勢丹新宿メンズ館地下1階にある紳士靴売場に勤務。

▷▷当スタッフの他のコーディネートはこちら◁◁




▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。