TOP > NEWS > 【INSTA LIVE】11/10(水)20:00~ / 霜月の三陽山長「質実剛健な一足」

NEWS

【INSTA LIVE】11/10(水)20:00~ / 霜月の三陽山長「質実剛健な一足」

11月の和名は霜月。その名の通り、霜が降る月を意味します。そして、一年のうち最も変化のある月です。

初旬はまだ青空高く秋晴れの好天気が続きますが、立冬を過ぎると朝晩の気温が下がり寒さを感じるようになります。
中旬には霜が降りはじめ、山野や街路樹の木々が華やかな黄葉や紅葉の色彩りを濃くしていきます。
下旬は落葉が舞い、初雪の便りも聞かれ、寒い冬の到来が近いことを知らせます。11月は日本の風土を象徴する月ともいえます。


そんな変化の多い霜月、三陽山長が提案する新たな一足は「質実剛健」の名にふさわしいマッドガード製法のレザーシューズ。



〈英一/EIICHI〉マッドガードプレーントゥ

camp_29.jpg

〈英二/EIJI〉マッドガードサイドゴア

camp_33.jpg


〈英三/EIZO〉マッドガードスリッポン

camp_31.jpg


もともとスエード素材はレザーの中で雨用の素材として位置付けられています。多くの人が勘違いしていますが、ヨーロッパではスエード=レインシューズと考えられているくらい雨に強い素材です。起毛している革は汚れを隠し、汚れても簡単に消しゴムなどで消すことができるイージーケア性も魅力。

それに加え「マッドガード」という特殊な製法を使用することによって、名前の通り泥除けの役割をソールが担います。

泥や雨に強く、無骨ながらもシンプルなデザインはまさに「質実剛健」と謳うに相応しいラインナップです。




その身に「英」の字を授けられた霜月の三陽山長「質実剛健な一足」は、オンオフ共に兼用しやすく、現代に寄り添ったラインナップとして3モデルをご提案。三陽山長として同製法のレザーシューズをリリースするのは三年振りです。

より多くの皆さまに深く知っていただきたく、11月10日(水)20:00より配信する INSTA LIVE でもご紹介させていただきます。

■なぜ今「マッドガード」なのか?
■英シリーズの開発秘話
■お勧めのコーディネートは?


ライブ配信中は随時ご質問も受け付けておりますので、お気軽にご視聴、ご質問いただければと思います。

今冬の相棒をまだ定めていない方、これから冬に向けて新たな一足を探される方、11月10(水)20:00より配信するライブ配信をお見逃しなく。



▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。