TOP > NEWS > 【木型別名品図鑑 / 第八項】フルブローグ「鷲六郎」

NEWS

【木型別名品図鑑 / 第八項】フルブローグ「鷲六郎」

三陽山長が誇る名品を木型別にご紹介する「木型別名品図鑑」。第八項では、イギリスではフルブローグ、アメリカではウィングチップと呼ばれ、つま先に羽のような穴飾りが施された最も装飾的なデザインが落とし込まれた「鷲六郎」をご紹介いたします。

▼【木型別名品図鑑】第八項 / フルブローグ「鷲六郎」▼
8.鷲六郎サムネイル.jpg

◼︎デザイン
つま先のメダリオン、流れるような穴飾りとピンキングが特長のフルブローグ「鷲六郎」。デザインのルーツは労働靴にあると言われていますが、現代ではカントリーシューズを代表とする装飾のひとつとして浸透しています。オンオフ兼用靴の最適解として、多くの方々にご愛用いただいているモデルです。三陽山長のドレスシューズのなかで最も華やかさと重厚感のあるデザインで足元を演出します。
カラーバリエーションは、ブラック、コーヒーの2色展開です。

22.鷲六郎BK_1080×1350.jpg

◼︎素材
ブラックは『ジャーマンレザー』、コーヒーは『イタリアンレザー』を採用しています。コーヒーは仕上げの際、職人が一足ずつ手作業で色を入れるハンドフィニッシュで仕上げています。単色ではない、アンティーク調の仕上がりが特長です。

鷲六郎.gif

◼︎仕様
仕様の特徴は、①グッドイヤーウェルト製法、②シングルレザーソール、③ヒドゥンチャネル、④アウトソールを黒で塗り上げる全カラス仕様です。さらに、最適な履き心地を提供するため、⑤履き口の外側を低くしています。これは、くるぶしの高さが内側より外側の方が低いため、このような仕様にしています。
ライニングには『イタリアンレザー』を採用しています。アッパーがブラックのモデルにはブラック、コーヒーにはダークブラウンを使用しています。いずれも濃色を採用しているのは、着脱の多い日本の生活様式に合わせて、靴を脱いだ時にライニングの汗ジミや汚れが目立たないようにするためです。

24.鷲六郎COF_1080×1350.jpg

◼︎ラスト「R2010」
ラウンドトゥラストR2010は、2010年に開発した現マスターラストです。ブランド創設10年間で培ったお客様の足のデータをもとに誕生しました。

7.弦六郎_最終データ_Moment.jpg

◼︎ラストの特徴
①ヒールカップ
➡R2010のヒールカップは小ぶりに設計されていて、踵に食いつきが出るようにトップの位置を内側に入れています。これにより、踵がしっかりとホールドされ、歩いている際に踵が抜けづらくなります。
②絞り込んだウェスト部分
➡見た目の美しさだけでなく、土踏まずを下から押し上げることで、足の裏への負担を軽減します。
③低く抑えた甲
➡甲を低く抑えることで、靴の中で足が前に滑らないようにしっかりとホールドされます。

踵、土踏まず、甲、この3ヶ所で足をしっかりとホールドすることで、快適な歩行を実現しています。


◼︎サイズ展開

「鷲六郎」のサイズ表記は8.5で26.5cmです。いわゆるUSサイズ表記となります。展開サイズは6.5(24.5cm)~9(27cm)、5mmピッチの6サイズ展開です。サイズ選びのコツとしては、先ほど申し上げた踵、土踏まず、甲の3ヶ所が自分の足に合っているかを確かめながらお選び下さい。




▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。