TOP > NEWS > 【SANYO Style MAGAZINE】三陽山長の「匠」シリーズが秀逸! ほかでは真似できない秘密とは!?

NEWS

【SANYO Style MAGAZINE】三陽山長の「匠」シリーズが秀逸! ほかでは真似できない秘密とは!?

いくら高級な紳士靴と言えども、履き心地はやっぱり堅いはず。そう思っている人に、ぜひとも三陽山長の「匠」シリーズを履いてもらいたいものです。長年履き込まなくとも、心地よいフィット感と優れた履き心地を実現するための一手が潜んでいるんです。

Bar13903.jpg

初日の一歩目で感じる柔らかな履き心地、三陽山長のリアルな提案

どんなに高級な紳士靴であっても、初日は足が痛くなるもの。アッパーもライニングもソールもヒールもウェルトも本革で作られている以上、足に馴染むまである程度の時間が掛かるのは仕方ありません。そこは、いわば修行と思ってひたすら我慢するしかない......いえ、本当にそうでしょうか。あきらめたらそこで試合は終了と、三陽山長は本格的な仕立てと快適性を両立する工夫を行なっています。


それは三陽山長における上級ラインである「匠」シリーズで採用されているのですが、まずポイントは中底。グッドイヤーウェルト製法を採用する紳士靴では、中底とウェルトを縫い合わせるために一般的にリブテープを用います。しかし、堅いテープを接着するためどうしても屈曲する時の抵抗になってしまいます。そこで、中底の革にドブ起こしと呼ばれる切れ込みを直接入れることでテープを排除。それとウェルトを縫い合わせることで、堅さだけでなく軽量化も実現しました。


さらに、詰め物にも注目。詰め物には天然素材のコルクが使われているのが一般的。吸湿性に富み、クッション性にも優れ、履き込むと足の形に馴染んでくれる優秀な素材ですが、天然素材ゆえに馴染むまでにはやはり時間を要します。また、しばらく履いていないと乾燥し、固くなることも。そこで三陽山長の「匠」シリーズでは、スリットを無数に入れたフェルトを採用。吸湿性やクッション性はそのままに、履き始めから柔らかく屈曲性もより高めているのです。


その名も「フレキシブルグッドイヤーウェルト製法」。アッパーや本底の革によっても履き心地は変わるため一概には言えませんが、同じ革で履き比べれば、違いは如実ですよ。


職人技と技あり素材で、履き始めから快適に

Bar13958.jpg

右が中底にリブテープを貼り付けてコルクを詰める、一般的なグッドイヤーウェルト製法。三陽山長では通常ラインでこの製法を採用しています。左が「匠」シリーズで採用している、フレキシブルグッドイヤーウェルト製法。中底の革に切れ目を入れ起こし、その真ん中にフェルト製の詰め物を敷きます。写真では見えづらいですが、フェルトの横方向に数本のスリットが刻まれ、屈曲性を高めています。




▷▷「匠」シリーズのラインナップはこちら◁◁




▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。