TOP > NEWS > 【木型R3010】その身に"也"の字を冠する新定番

NEWS

【木型R3010】その身に"也"の字を冠する新定番

5月_FB.jpg

採用した木型「R3010」は、三陽山長を代表するラウンドトゥR2010とスクエアトゥR309を融合したラスト。小ぶりなヒールカップ、ラストの丸み、膨らみ、絞り、流れるような曲面が機能美を極めたシルエットとフィッティングを生み出します。

昨年秋よりブランドの定番ラストであるR2010とR309に次ぐ新定番としてご提案させていただいている「R3010」。流動的な現代のトレンドに沿える汎用性もさることながら、革靴本来の質実剛健な造形美と滑らかな曲線美の融合が最大の魅力です。今回は、令和四年春夏シーズンにリリースされる新作をご紹介いたします。



〈勇也/YUYA〉
パンチドキャップトゥ
4月.14_勇也集合_1080×1080.jpg

ラウンドトゥラストR2010を採用した〈弦六郎〉、スクエアトゥラストR309を採用した〈勇之介〉に続き、ショートノーズスクエアトゥR3010を採用した、三陽山長の新たなパンチドキャップトゥ〈勇也〉が誕生。R2010のフィット感と機能美はそのままに、R309が持つ洗練された曲線美を融合した新定番ラストは、オンオフ兼用も可能とする汎用性の高さも魅力。

装いを引き締めると同時に、ほどよい余裕を与えてくれる〈勇也〉と、同じくR3010ラストを採用しているストレートチップ〈友也〉との違いは、つま先の一文字をステッチではなくパーフォレーションという穴飾りにしている所です。ストレートチップとブローグシューズ両方の魅力を持ち合わせており、現代においてパンチドキャップトゥは、冠婚葬祭の葬以外には使用出来る汎用性の高い一足です。

4月.13_勇也BK_1080×1350.jpg

4月.15_勇也BR_1080×1350.jpg



〈燕也/ENYA〉
レイジーマンフルブローグ
4月.17_燕也集合_1080×1080.jpg

「休日も革靴を楽しみたい」
そんな嬉しいお言葉を、最近よくお伺いするようになりました。より上品に、心地よい休日を楽しむ。多忙を極める平日は、むしろ軽量でクッション性の高いドレススニーカーを選び、休日に思う存分革靴を嗜む。そんなルーティンも素敵だと思います。

そこで我々三陽山長からご提案させていただく一足は、オンオフ兼用靴の最適解として、多くの方々がご愛用されているフルブローグの新定番。レースアップタイプではなく、イミテーションシューレースにサイドエラスティックで脱ぎ履きのしやすいレイジーマンに、優雅な装飾を施しました。

汎用性の高さも魅力の〈燕也〉は、休日の装いをより楽しませてくれることでしょう。

4月.16_燕也BK_1080×1350.jpg

4月.18_燕也DBR_1080×1350.jpg



〈流也/RYUYA〉
フルサドルローファー
4月.20_流也集合_1080×1080.jpg

ローファーが持つ軽快さとシンプルな見た目による汎用性の高さはそのままに、フルサドルストラップが品の良さを感じさせる〈流也〉

そもそもローファーとはシューレースがない革靴であり、ルーツが室内靴であることから紐靴と比べるとややカジュアルな位置付けですが、近年ビジネスウェアのカジュアル化が進んだことで、オンオフ共に活躍するデザインとして多くの方々に愛用されています。

ローファーをより上品に、より優雅に。美しく流れるフルサドルが一格上のエレガンスを纏わせます。

4月.19_流也BK_1080×1350.jpg

4月.21_流也BR_1080×1350.jpg



上品は趣をその身に宿すオンオフ兼用靴。

"也"の字を冠するこちらの新作三傑を、三陽山長の新定番として今春新たにご提案させていただきます。




▼三陽山長 公式 Instagram▼
@sanyoyamacho

▼三陽山長 公式 Twitter▼
@SANYOYAMACHO_PR

▼三陽山長 公式YOUTUBE▼
https://www.youtube.com/c/sanyoyamacho34/featured

▼三陽山長 公式オンラインショップ▼
SANYO iStore


ARCHIVE

and more…

表示価格は一部税抜本体価格。なお、過去の記事には掲載時の税込価格で表記されているものがあります。