月次業績報告

9月店頭販売概況


9月 商況

<総括>

当月のアパレル市況は、新型コロナウイルス感染症の感染者数が減少傾向に転じたことに加え、下旬にかけての気温の低下とともに秋冬商戦の前哨戦が本格的にスタートし総じて堅調に推移しました。中旬には大型台風による悪天候の影響を受けたものの、月間を通して緊急事態宣言発令下であった前年同月を大きく上回る市況となりました。
当社においては、秋物商材の本格展開に合わせて実施した顧客向けイベントやブランドフェア等による集客効果もあり、プロパーの売上が順調に推移し、リアル店舗の売上は前年を大きく上回りました。
またEC・通販においても、ブランドフェア等により秋物プロパー商材が順調に稼働したことに加えて、夏物の最終セールも好調に推移し、前年を上回ることができました。
以上の結果、9月単月の百貨店・直営店・アウトレット等リアル店舗の合計は前年比131%、EC・通販は前年比111%、全社売上高は前年比128%となりました。



9月店頭販売実績(前年比)

9月 10月 11月 12月 1月 2月 下期
全社 128%            
<ブランド別>
EPOCA 123%            
コーポレート(*1) 108%            
LOVELESS 71%            
MACKINTOSH PHILOSOPHY 136%            
MACKINTOSH LONDON 152%            
Paul Stuart 128%            
婦人服ボリューム(*2) 118%            
<販路別>
百貨店 131%            
直営店 106%            
EC・通販 111%            
アウトレット 145%            
  • *1 コーポレートはSANYOCOAT、S.ESSENTIALS、三陽山長、ECOALFの合計値です。
  • *2 婦人服ボリュームはAMACA、EVEX by KRIZIA、TO BE CHIC、TRANS WORKの合計値です。
月次業績報告一覧へ
PAGETOP